×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

簡単に体脂肪を減らす方法とはTOP > 体脂肪 > 体脂肪率が高いのは?

体脂肪率が高いのは男性よりも女性?

体脂肪率が高いのは!?

体脂肪率が高いのは男性よりも女性のほうだって・・・
あなたは、そんな事聞いたことがありますか?

ちょっと気になってので、

「男性よりも女性の方が体脂肪率が高い傾向にある」

という理由を調べてみました。

女性の体というのは、女性ホルモンの影響で体に脂肪が付きやすい構造になっています。

それは女性の体が、

妊娠、出産に備えて、たくさんのエネルギーを体に蓄えておく必要があるため

逆に男性の体は、

男性ホルモンの影響で体につく筋肉量が多くなり、脂肪量は少なくなる構造になっているため

体に付く体脂肪の種類や場所も男性と女性では異なっています。

男性の場合は、
皮下脂肪がつきにくい反面、筋肉の量が多いためにそれを動かすエネルギーとして、内臓脂肪がつきやすい傾向にあるでしょう。

しかし、

女性の場合は、
内臓脂肪よりも女性らしいふっくらとした体型をつくるように皮下脂肪が多く付く傾向にあります。

これはやはり、女性が出産の際に赤ちゃんを守らなければならないので、体温維持のためであったり、骨盤まわりを皮下脂肪によってクッションのように厚くしておく必要があったりするからなんですね。

このように、女性が男性よりも体脂肪率が高くなってしまうのは仕方のないことなのかも。

また、

男女問わず、30代以降になってしまうと、年齢と共に筋肉の量が減少していくので、体内のエネルギーを使う機会が少なくなり、余ったエネルギーが体脂肪として蓄えられていきます。

歳を重ねるごとに標準の体脂肪率が増加していくのは、このためなのです。

女性が、男性より体脂肪率が高いのは当たり前ということになるのでしょうか?

あまり気にしなくても良いのかな、なんて考えて油断してしまいそうですね。