×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

簡単に体脂肪を減らす方法とはTOP > 体脂肪 > 体脂肪率とBMI

体脂肪率とBMIについて

体脂肪率とBMI

ダイエットをしていて一番気になるのは体重です。

しかし、体重以外に体脂肪率やBMIを意識することで、
綺麗で健康的に痩せることが可能になります。

簡単に言うと

体脂肪率とは
自分の体重の何%が脂肪で出来ているかを表したもの

BMIとは
体重と身長から体のバランスをチェックするための値

体脂肪率とBMIはこのような事になります。

数値に低い結果が出たとしても、痩せているとは限りません。

健康的で病気にかかりにくい体型

男性の場合 >> 体脂肪が20%未満
女性の場合 >> 体脂肪率が30%未満
BMIが18.5以上25未満の範囲

このような数値にある人ならば標準体型で、
これが最も健康的で病気にかかりにくい体型とされています。

しかし、

見た目は普通、BMIは痩せ気味や標準の範囲の方でも
体脂肪率が男性25%以上女性35%以上になると隠れ肥満の場合もあります。

なので、一度体脂肪率を量ると良いですね。

体脂肪率が高いと脂肪が多いことが分かります。

その他にも、血液や筋肉の量が少ないということが判断できます。

隠れ肥満の場合

・見た目は肥満と判断されない
・自覚症状がない人が多い


そのため、健康面に影響がでる危険があります。

標準体型または痩せているけど、体脂肪率が高いという人は

・食事制限
・栄養バランスの良い食事
・適度な運動


など心掛け、体脂肪を落とすようにしていく事が大切です。

よく、

体脂肪率は低いけれどもBMIの数値が高い。

というケースがありますが
これは、スポーツをされている方に多く見られます。

これは筋肉量が多く固太りなどと言われています。

一度、体脂肪率とBMIを実際に測定してみて、
あなた自身の体型タイプを知っておくと良いですね。